忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ショコラ
性別:
女性
趣味:
布雑貨のハンドメイド
自己紹介:
ハンドメイドの雑貨作成をしています♪
愛娘のmocaと気ままな日々と
ハンドメイドの記録などなどつづりたいと思います☆
QRコード
RSS
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://chocolat.blog.shinobi.jp/
chocolat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



佐川急便から突然の配達。
差出人が「オフィスオーガスタ」となっていたので
思わず
「あ!!!!」
って声あげちゃった・・・
先日申し込んだばかりのシカオちゃんのお年玉ギターが当選!???

ウキウキしながら開封したら、注文したことさえ忘れていた秦君のDVD(失礼だな~っ)
まぁ普通に考えればおもちゃと言ってもギターが入るようなパッケージじゃなかったしww

豪華2枚組みのDVD。
私も行った昨年夏の淡路島ライブの映像が入ってるのですごく楽しみ♪
一緒に行ったご夫妻にも送って、見てもらおう☆

5月にはGREEN MIND 2010が決まりました。
早速エントリー☆(初めてFCの特権を使うかもしれない・・・)
チケット、当たるといいな♪

秦君は今年、アルバムが出ると思うのでこちらも期待したいところです☆
あ、その前に早くこのDVD見たいなぁ♪
PR


及川光博ワンマンショーツアー2010
「美しき世界。」


5月5日(水・祝)
大阪国際会議場・メインホール


GWか~・・・辛いなぁ(汗)

京都もアリ?

4月4日(日)
京都会館・第一ホール



初ミッチーワンマンだわ♪ たのしみぃ~☆
誰か、一緒に行きません??

詳細はこちら↓
http://www.mother-ent.com/tour2010/


ちなみにミッチーのグッズもかなり「いい味♪」出してますw
http://www.officialgoods-webshop.com/oikawa-mitsuhiro/countdown0910/index.html

カレンダーに思わずポチりそうになったし。
危ない、あぶない。(笑)



追記 (1月8日)
さらにこちらもご覧ください♪
ハナヂ必至w >ニコ動なのでアカウントが必要です
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6435429
あー・・・寂しい。。。
今年が終わっちゃいます。
今年と言うより、今年のライブ。

待ってろよ!シカオっ!
待っててね♪竜ちゃん♪(←大分差別化されてきたw)


ネタバレもチラ見しただけなので
明日はドキドキしながら一曲ずつを楽しみたいと思います。
チケットもあまりよくないし、それなりの楽しみ方で~♪
明日はあまり派手じゃない格好で行きますわ(笑)


で・・・
YOUTUBEで見つけました



スゲー!!!

もちろん竜太さんの方がずぅっとセクスィーカッコいいけど
ベースソロの魅力は無限大と思います♪
坂本竜太 年末スムースジャズセッション [会場] 横浜 カモメ  12月30日(水)
[Open] 18:00 [Start] 20:00
[Member] 坂本竜太(b) かわ島崇文(sax) 太宰百合(p)
松田肇(g) 高田真(dr) TOMMY(vo)

はぁ~♪やっぱり、行きたい♥

及川光博うっとり♥ ナイト2009「ゆくミッチーくるミッチー」
日時:2009年12月31日 22:00開場 23:00開演
会場:渋谷AX
ゲスト:FLYING KIDS
料金:1階立見 ¥6900(税込)※別途ドリンク代500円必要

ぎゃ~!
連チャンで関東!

子連れじゃなかったら、迷わず行ってるな・・・
ある意味、子どもがいるから立ち止まれている、とも言えるけど(笑)



↑とにかく、幸せになれそうじゃない?(笑)

来週は再び、竜ちゃんに会ってきます♪
あ、シカオちゃんにも!(爆)

2010. 2.27(土) 神戸チキンジョージ

17:30open/18:00start ¥4,200(Dr別/整理番号付Standing)

誰か一緒に行きませんか~?
今週末、チケット発売なのだ・・・♪

【追記】
調べたら、スタンディングのキャパ500だって!
アガるぅ~♪
浮かない1日だったので
今晩は寝るのをやめて、ワインをあけてDVD鑑賞の日にしました。
で、やっと「はじまりの日」シングルの特典DVDを鑑賞。



純粋にライブを楽しめる感じとは言えず、考えさせられるライブDVDとなりました。スガシカオ本人はどう感じてるのかしら。

まずは・・・ご本人がブログで「盛り上がらなかったNHKホール」と言ってしまっただけにその先入観は拭えず。
カメラが入ったことも含め、歌詞(モニター)をチラ見するのがどうも目に付いた。シカオちゃん・・・歌詞、ちゃんと覚えたらモニター見なくて済むんだから・・・自分で書いた歌詞、しっかり覚えれ!(苦笑)
で、全体ですが

*竜ちゃんのベースソロ、最高♪(特にコノユビとsofa)
*お客さんの反応はやはりヌルい。
*バナナがあまりにもイケてない↓↓↓ やっぱり沼澤さんのドラムで聴きたい・・・(もっと個人的に言えばZonoさんでも聴きたい♪)
*ポチの指はやはりキレイだ(指フェチでごめんなさい)
*キッシーはやはり天然(汗)
*黄金の義人君とのギターは素晴らしかった
*19才はやっぱりライブで聴くのが最高☆

全体ですごく気になったのがアコギコーナー。
この頃シカオちゃんの声の調子が絶不調だったのは仕方ないにしても、今こうして時間が経ってみると、アコギもFUNKもあったもんじゃない。
黄金や春夏秋冬なんかは、せっかくのシットリと聴ける部分だったのにヤッツケ仕事的に聞こえてしまったのは私だけ?
この唄を書いた時の気持ちで唄えてるか、というときっとそうじゃないし、「あぁ、声は大丈夫だろうか」と心配してしまう歌声。
あの時言っていたように「女の子の髪をなでるようなソロ」、歌えないの?

プロとして仕事をしている以上、私たち客はお金を払ってライブを見に行っているワケで、それなりのパフォーマンスで返してほしい。
ブログで客のノリがイマイチだった、というのは本音の感想かもしれないけど、やはり声の調子が悪いことを知った上での客のノリはそれなりでしかないし、客をそちらの世界に持っていくだけの仕事が出来てなかったからじゃないか?と、どうしても感じてしまう。
と言うより、そう感じさせられるライブだった。

昔のことばかりを振り返るファンではいたくないけれど、
やはりファミシュガの時とクウォリティーが全く違うし、
それがスガシカオの唄にも見て取れる。

FFのようなライブが楽しいのは分かる。私も今やホールよりもライブハウスで揉まれて踊って聴きたい。
でも、やはりプロミュージシャンとしてホールでも聴かせられるだけの実力を持ってこそライブハウスでもまた映えるんじゃないか?
DVDを見ながら感じたことは、FFの楽しさに逃げて音楽や声、そして歌手としてのクウォリテーをあげることから逃げているのではないか?ということ。楽しいだけが音楽じゃない。唄も、歌詞も、大事だけど、やはりそのベースになるのは音楽的なクウォリティ。

私は音楽についてはぜんぜん無知だけど、音楽を感じるのに詳しいことなんて何も必要はないと思う。
心に入ってくるか、どうか、ということ。


2年前、そして10年位前の2回、私はビリージョエルのライブに行ったけれど、米粒くらいしか見えないドームの一番向こうにいるビリーの唄は20年前よりもずっと艶っぽく、歌声もライブパフォーマンスも今の方がずっと良かった。パワーを感じた。感動して、心臓が震えた。
でもシカオが今、同じようにホールのライブをしたところで、3階席の一番後ろにいてもあのビリーのライブと同じような感動を得られるのか?
すごく不安。

夜中の3時なのでイマイチよく説明できないけど・・・
この後の活動に不安を感じたライブでした。
1年前のライブとはいえ、今後スガシカオはどこに向かって進むのか?
大丈夫?
不景気だからと言って、ウケる唄に逃げずにスガシカオで勝負してくれないかしら。新しいアルバムには期待したいけど・・・

「はじまりの日」を聴いたときにも思ったことだけど
誰にでも歌える唄は、他の誰かが歌えばいい。
スガシカオにしか唄えない、ファンクとソウルってものを見失ってほしくないなぁ・・・


正直言いまして、なんだか、とても残念。
UKでは是非、しっかり揉まれてきてください。

上から目線のレポでした↓
失礼!


音楽漬けの週末をすごしてきたショコラですw
レポなどはまた改めて。ってかブットンであまり記憶がないのだけど。
やっぱり、シカオ最高♪

週末に見てきたのは男子校バンドですが、ファミシュガ貼ってみます。
めちゃめちゃカッコイィ・・・(惚)
こんなSWEET BABY、また聴きたいなぁ♪

そんで、ひとつシカオちゃんにお願い!
これくらい長いベースソロ、竜ちゃんにも持っていって~♪
SEXYで脳みそが溶けそうなベースソロ、聴きたいです☆

今年のライブは来月のあと一本。さみしいなぁ。
年末、横浜行っちゃいそうで自分が怖い・・・汗


行ってきました!ファイナルファイヤー!
どれだけ待ったことか・・・

最後の大阪3DAYSから2週間。
髪を染めてカットし、
ネイルを整え、
ダイエットだってしましたよ!誰も見てないって!?
ま・・・いいのだけど。

気合で迎えた11月22日。
天候はシカオ日和の雨♪
そうでなくっちゃ!(笑)
早めにzepp前に到着、ハードロックカフェでシカオ話に花を咲かせながら待つこと2時間?
当日リリースされたFUNK FIRE Tシャツに後ろ髪を引かれつつも5時に入場。ド中央のポジションゲット♪
最後のライブと思うと感無量というか・・・

ライブは穏やかに?スタート。
福岡の方々、とてもマナーがいいです♪
押されることも特になく、最初から最後まで気持ちよく聴いて踊ることができました。
最初のMCまでゆったりと進むのはわかっていたのだけど、だんだんとヒートアップしていく会場場。
中盤には湯気が出そうなくらいで、初めから壊れそうなライブもいいけど、パフォーマンスに対して反応する客席っていうのはまさにライブだな~、って感じました。

この日のイチバン☆は
310
そして
これからむかえにいくよ

310は今年4回聞いた中で一番かっこよかった。
パイプベッドのところでなぜかいつもグッとくるのはどうして?
歌詞の焦燥感と現実的な部分が重なって、味がある一曲ですね。
ギターを掻き鳴らす姿もまた萌えました♪
帰宅してアルバムバージョンを聴いてもライブバージョンばかりが頭を回る。もう一回聴きたいなぁ~・・・

そして
これからむかえにいくよ
アレンジはもちろん。
シカオの声もこの日の調子と歌詞がピッタリでSEXYでしたね~♪

この日のシカオちゃんは珍しく歌詞もあまり間違えず(笑)
カメラ入ってるからモニターがあるの!?って思ったけどカメラは結局今年のFFではどこにも入っていなかったそうで・・・ありえんっ!!(怒)
どんな事情があっても、FFだけは毎年撮ってほしかった・・・今年一番のショックかも。
竜ちゃんの釣竿パフォーマンスも必見だったのに。

最後まで会場全体がニコニコのまま終わったらライブは
あまり内容も覚えていないほどブットンだライブでそれがFFの醍醐味だな、って思います。
最後のストーリーで人差し指を突き上げられたことで満足度1000%。
燃え尽きた2時間半でした・・・
シカオちゃんも、きっと大満足だったはず!

シカオちゃん、
バンドメンバーさん、
スタッフの皆さん、
そしてMOCAを快く預かってくれたお母さん、
素晴らしい時間を、ありがとうございました。
あの場所にいられたことが、とにかく幸せな一夜した。
今年のシカオはあと一本と思うと寂しいな~・・・

ご一緒してくださった皆様、楽しかったですね!
ありがとうございました♪
またFUNK FIREで会いましょう☆





今日はマイケルのライブへ。
THIS IS IT

言葉にするのがとても難しいけど
とにかく・・・なんでこんな素晴らしいアーティストが亡くなってしまったのか、と思うと悔しくて。

透き通る声、
訴えかける歌詞、メロディー、
ダンス、
ステージアレンジ、
音楽プロデュース・・・

そして彼の人との関わり方。
すべてのスタッフに対して謙遜の尊敬の念を持ち、
ただ、観客の期待に応えるためだけに
手を抜くことなく、入念にステージを作り上げていく姿には心から感動するし、ますます彼のことが好きになった。

一番印象に残ったのは、
ギタリストの女の子に
「ここは君のための時間、君が一番輝くところだから、もっと前に出て。
 大丈夫、ちゃんと僕がそばにいるから」
と声をかけたシーン。

スタッフへの言葉、一つ一つがとても丁寧で、思いやりがあって、
大切に、大切にステージを作り上げていることを強く感じた場面でした。
こんなに人にしく、自分に厳しい人が、
死ぬまでにどうして心から許せて愛せる人とめぐり合わなかったのだろう、と思うと胸が詰まった。

亡くなってしまって騒がれるまで、
スキャンダルや新曲の発表が長くなかったこともあって
いっとき彼の音楽からは離れていた。
亡くなったことはショックだったけど、遠い場所で起きたことのように見ていた。
でも、大学時代の私の青春は彼の音楽とともにあったから
映画は見なくては、と出かけたけど・・・

オーディションに来たダンサー達のインタビューから始まる本編。
もうそこから涙が止まらなくて
楽曲が終わるたびに、映画館でひとり、何度も何度も、拍手した。
ただ座って見ているなんて、出来なかった。


私は、自分が認識しているよりも
マイケルジャクソンという人を愛していたんだな、と痛感した一日だった。
予定していた買い物も止めて帰宅した。
午後は目が腫れて辛かった。


ただただ、ご冥福をお祈りします。
そして、まだ発表されていない彼の楽曲を含め、もっとその音楽を知りたい、て思った一日でした。
WE LOVE YOU, MICHEAL!

"ショコラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.